パイナップルの基礎知識

世界の熱帯地域のトロピカルフルーツにおいて、バナナに次ぐ生産量を誇る最も代表的なフルーツとして親しまれています。
原産地はアメリカ大陸の熱帯地域とされていて、かのコロンブスがヨーロッパに持ち帰り世界中に広がったと言われています。
名前の由来ですが、松 (pine) リンゴ(apple)が表すように、
外見は松ぼっくりの様で、リンゴのような甘い香りがすることから
こう呼ばれはじめたそうですがみなさんはどう思われますか?

パイナップルの栄養について

パイナップルにはさまざまな栄養素が含まれています。
糖質の分解を助け、代謝を促すビタミンB1を多く含み、さらにビタミンB2やC、クエン酸などとの相乗効果により疲労回復や夏バテ、老化防止などに効果があります。
そのうえ、豊富に含まれた食物繊維やパイナップル特有の消化酵素としてしられるブロメラインが、肉類の消化や腐敗物の分解を助け腸内環境を良く維持するのです。
低カロリーで、ダイエットにも向いた健康食品としても人気なフルーツですが、さらに女性にはうれしい機能性成分を含んでいることがわかりました。