パイナップル果実エキスの美容効果 作用機序①-1

グルコシルセラミド含有パイナップル果実エキスの美容効果について検討がされています。
多角的な検討から、グルコシルセラミド含有パイナップル果実エキスには大きく分けてバリア機能改善作用と美白作用の2つの美容効果が認められました。

研究により示された各作用の作用機序について報告されています。

〈グルコシルセラミド含有パイナップル果実エキスによる肌バリア機能の改善作用〉

ヒトの細胞(表皮角化細胞)を用いた遺伝子発現の研究から、グルコシルセラミド含有パイナップル果実エキスの処方により、セリンパルミトイルトランスフェラーゼ(SPT)という酵素の産生を指示するmRNAの発現が亢進され、セラミドの合成がより進むことが確認されました。
合成されたセラミドは肌のバリア機能に関与することになります。


引用:粧技誌