肌の透明感・くすみに対する機能性①(in vitro※機能性の検討)

肌の透明感喪失の原因は、角層の主成分であるケラチンがカルボニル化を起こし、線維構造が変質することで光の透過率が減少することであるとされています。

パイナップルセラミドの角層タンパクカルボニル化抑制作用について、
テープストリッピング法にて採取した角層を用いて検討した結果が報告されています。

角層を次亜塩素酸で処理し、人為的にカルボニル化させることができます。
カルボニル化された角層を蛍光色素により可視化し、画像処理により数値化します。

次亜塩素酸処理によってカルボニル化された角層を抑制率0%として、パイナップルセラミドを合わせて処理したもののカルボニル化抑制率を算出しています。

※in vitroとは「ガラス管の中」を意味する言葉で、研究においては、ヒトや動物の組織(細胞)を培養し、被験物質の有用性、安全性の検討に用いる試験のことを指します。

引用:FOOD STYLE21

監修

江口  文陽
江口  文陽教授
1965年群馬県生まれ、東京農業大学大学院農学研究科博士後期課程修了(博士)、日本学術振興会特別研究員、東京農業大学非常勤講師、高崎健康福祉大学助教授、教授を経て2012年4月東京農業大学教授。同大学院指導教授

出身学校
1984年04月 - 1988年03月 東京農業大学 農学部 林学科(林産学コース) 卒業

取得学位
東京農業大学 - 博士(林学)

学内職務経歴
2012年04月 - 継続中 東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科 教授
2016年04月 - 継続中 東京農業大学 (その他の組織) 東京農業大学「食と農」の博物館 館長

所属学会・委員会 等
1985年04月 - 継続中 日本木材学会
1988年06月 - 継続中 日本きのこ学会
1995年04月 - 継続中 日本炎症再生医学会
1995年04月 - 継続中 日本農芸化学会
1995年05月 - 継続中 応用薬理研究会