真皮をターゲットにした機能性② (in vitro機能性の検討)

真皮組織の主要な細胞である皮膚線維芽細胞は細胞外マトリックスを形成するコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン等のタンパク質を産生しています。
線維芽細胞のこれらタンパク質の産生能低下は細胞外マトリックスの量的な減少を引き起こし、多くの肌トラブルの原因ともなります。

本研究では線維芽細胞の培養系にパイナップルセラミドを処理したことによる、Ⅰ型コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの産生能の向上を検討しています。

引用:FOOD STYLE21