パイナップル果実エキスの美容効果⑥ 肌荒れ改善効果(1/3)

パイナップル果実由来グルコシルセラミドの肌荒れ改善効果が報告されています。
臨床試験にて人為的に肌荒れを惹起した後、肌荒れ箇所にグルコシルセラミド配合製剤を塗布し、水分蒸散量および角層セラミド量を測定比較することで検討を行っています。

試験条件
 対象者 : 健常者11名(男性5名、女性6名、平均年齢33±7歳)

 肌荒れの惹起方法 :
  前腕内側部2.0×3.5cm角に5%ドデシル硫酸ナトリウム(SDS)水溶液1mlを30min貼付

 処置 :
  パイナップル果実由来グルコシルセラミド2%配合製剤(対照:無配合製剤)
  1日2回、28日間の連続塗布

 評価:
  水分蒸散量 測定ポイント 肌荒れ惹起前、処置1、7、14、21、28日後の6点
  セラミド量 肌荒れ惹起前、処置28日目

水分蒸散量検討結果 ⇒ (2/3) セラミド量検討結果 ⇒ (3/3)


引用:粧技誌