パイナップル果実エキスの美容効果⑦
内外美容効果美白作用の相乗効果の検討(1/5)

パイナップル由来グルコシルセラミド配合製剤の美白作用については他臨床試験の結果から、摂取することで肌のメラニン量が減少し、肌の明るさが向上することが確認されています。

本研究ではグルコシルセラミド配合製剤を摂取することに加え、同時に塗布することで紫外線照射惹起色素沈着部位の美白作用の向上が見られるかについて検証しています。

検証方法
被験者 健常男性10名
被験部位 上腕内側
処置 グルコシルセラミド配合製剤・グルコシルセラミド無配合製剤
経口摂取 紫外線照射7日前から照射後28日まで37日間
塗布   紫外線照射後28日間
評価方法 色素沈着部位のメラニン量・L*値
測定時期 紫外線照射前・照射後 7 ・ 14 ・ 21 ・ 28日(5ポイント)
内外美容効果美白作用の相乗効果の検討

引用:粧技誌