グルコシルセラミドについて ⑦

セラミドの役割(情報伝達物質として2)

外部からの刺激によりセラミドが脂質メディエーターとして細胞の増殖抑制、分化促進、細胞死の誘導など生理活性をもつことが示されていますが、セラミドの代謝産物も同様にメディエーターとしての役割を果たしています。

セラミドが酵素により代謝されて産生されるスフィンゴシン-1-リン酸およびセラミド-1-リン酸は抗菌ペプチドの産生を調節することが示唆されています。

抗菌ペプチドは生体防御に必須な自然免疫のひとつです。

グルコシルセラミドについて7

引用:Drug Delivery System

監修

江口  文陽
江口  文陽教授
1965年群馬県生まれ、東京農業大学大学院農学研究科博士後期課程修了(博士)、日本学術振興会特別研究員、東京農業大学非常勤講師、高崎健康福祉大学助教授、教授を経て2012年4月東京農業大学教授。同大学院指導教授

出身学校
1984年04月 - 1988年03月 東京農業大学 農学部 林学科(林産学コース) 卒業

取得学位
東京農業大学 - 博士(林学)

学内職務経歴
2012年04月 - 継続中 東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科 教授
2016年04月 - 継続中 東京農業大学 (その他の組織) 東京農業大学「食と農」の博物館 館長

所属学会・委員会 等
1985年04月 - 継続中 日本木材学会
1988年06月 - 継続中 日本きのこ学会
1995年04月 - 継続中 日本炎症再生医学会
1995年04月 - 継続中 日本農芸化学会
1995年05月 - 継続中 応用薬理研究会